メッセージ

社会の課題解決の力になりたい

広報で日本を変えたい

埼玉県三芳町で公務員として18年間勤めてきました。税務、介護を経て広報やプロモーションを9年。広報紙の内製化に着手し、コストを半額以下まで下げ、住民にとって読む価値、意味のある広報紙を作成してきました。そして三芳町の広報紙「広報みよし」が自治体広報日本一の内閣総理大臣賞を受賞し、一気に注目を浴びるようになりました。

なぜそれが実現できたのかというと、三芳町が素敵な町であること、住民の皆さんが優しい人ばかりであること、そして職員すべての支えがあったためです。決して私一人の力でなく、地域をはじめ周りの皆さんのサポートがあって注目していただけるようになりました。

日本のために公務員を辞める決断

そして全国からお声掛けをいただき、広報やデザインの講演や研修を各地で行うことで三芳町のプロモーションになる、日本のため、全国の公務員のために微力ながらお手伝いができると思ってきましたが、限界がありました。

「公務員のため、日本のためには公務員を辞めるしかない」

日本と公務員という職、どちらを取るかと言った時に僕は「日本」を選ぶことにしました。

広報はラブレター。想いを届けて恋をしてもらうもの。

広報と言っても広報紙だけではありません。通知書やチラシ、ポスター、SNS、動画、そのすべてが広報です。作ることが目的ではありません。その先にいる住民、顧客にどう届けて想いを伝えるのか。伝わらない情報は税金の無駄、資源の無駄、時間の無駄です。

それらを改善することができれば、情報が漏れなく伝わり、まちへの関心が向上することで日本が変わるのではないでしょうか。

SDGsでは「誰一人取り残さない」とあります。これは広報や情報伝達にも当てはまり、しっかりとした情報を広く伝えることも持続可能な未来へと続いていくはずです。

広報・デザイン・プロモーションの力で日本を変える。

埼玉県三芳町から日本を元気にしていきたい。だからこれからも三芳町に住み、ずっと町の魅力を届けていきながら、三芳町のために、日本のために「恩返し」をしていきたいと思います。

どのように広報活動をすればよいのか、プロモーションに悩んでいる、職員すべてに広報担当という意識をもってほしいなど、公務員の視点で職場内、そして広報広聴、コミュニケーションデザインの視点で、社会的課題解決のお手伝いを、公務員の視点からサポートしていきます。

何かお役に立てることがありましたら、お声かけください。

 

社会の課題解決のため、日本のために、お力添えをさせていただければと思います。

広報はラブレター。想いを届けて「恋」をしてもらうもの――。

PRDESIGN JAPAN株式会社
代表取締役 佐久間智之

佐久間 智之(さくま ともゆき)プロフィール

2002年埼玉県三芳町入庁。独学で印刷以外全て一人で広報紙「広報みよし」を作り、全国広報コンクールで日本一の内閣総理大臣賞受賞。予算ゼロ円でプロモーションも担当し、ハロプロとのコラボを手掛ける。育児休暇を2回取得。Yahoo!トップニュースになるなど、パブリシティ戦略の評価も高い。地方公務員が本当にすごい!と思う地方公務員アワード2019受賞。講演研修多数。残業ゼロで成果を出すタスクマネジメントも注目されている。著書に「公務員1年目の仕事術」「公務員の速効ライフハック」「パッと伝わる公務員のデザイン術」「公務員のデザイン大全」。写真家として金澤朋子写真集「#いいね三芳町」。

日本中に広報デザイン力を伝え、公務員レンタル移籍やテレワークなど公務員改革と行政のサポート推進のため2020年2月に三芳町を退職し、独立。

三芳町広報大使 Juice=Juiceのリーダー 金澤朋子さんの大ファン。

【テレビ】
NHK:首都圏ネットワーク/ おはよう日本/こども手話ウィークリー/日本テレビ:NEWS ZERO/news every. 特集/フジテレビ:ホウドウキョク/テレビ埼玉:テレ玉ニュース9:45 ほか多数

【ラジオ】
ラジオ深夜便/ 文化放送 福井謙二のグッモニ/ ニッポン放送「SATOYAMA&SATOUMI」ほか

【著書・雑誌・寄稿】
パッと伝わる公務員のデザイン術(学陽書房)・ソトコト・広報会議・事業構想・地方自治職員研修・月刊広報・月刊ガバナンス・ジュニアエラ・ソーシャルネットワーク時代の自治体広報 ほか多数

【講師・講演】
熊本県・徳島県・広島県・石川県・富山県・茨城県・愛媛県・岩手県・岐阜県・三重県・埼玉県・東京都・目白大学・十文字学園女子大学・自治体総合フェア・SFF2018・ツーリズムジャパンEXPO・DMO全国大会・自治体広報セミナー・NOMA研修・市町村アカデミー・全国シティプロモーションサミット・まちてん ほか多数

【全国広報コンクール】
広報紙部門: 入選1席含む入選3回/ 一枚写真部門: 内閣総理大臣賞1回含む入選3回
組み写真部門: 入選3席1回/ 映像部門: 入選2席1回/ 広報企画部門:入選2回
【埼玉県広報コンクール】
広報紙部門: 特選9回(9年連続)/一枚写真部門: 特選5回/組み写真部門: 特選7回 ほか

著書

下記画像をクリックすると著者ページに移動します。

Photo Gallery

これまで撮影した写真や広報紙のなど紹介。下記画像から。

MOVIE

これまで手掛けた動画をご紹介します。